京都へ・・三千院&宝泉院・・ぶ~らり

京都は大原の里、三千院へ。
京都駅から地下鉄に乗り換え終点(国際会館前)まで行き、
それからタクシーで約20分ほど。
山中の大変静寂な里にあります。格別な隠れ里。

「三千院」の門前には御食事処・お土産屋が並ぶ。
景観は損なわれずにいい雰囲気。
画像


「御殿門」が城壁のように立ってます。
(三千院はかつて皇族が住職を務める格式高い門跡寺院とされる。)
画像

御殿門の桜・・・少々散りかけかな。
画像

境内の庭園、直立する杉の樹、一面の苔で厳粛な空気感。
画像

画像

年輪を経た苔のなかに、わらべ地蔵がまつられています。
  (当寺の特徴のようです)
画像


往生極楽院(国宝)。質素な建物ですが中には金色の仏像(国宝)
がまつられています。
(撮影厳禁が残念ですが、迫力ある仏像です。)
画像

境内の桜
画像

たまたま舞子さんのようですのでパチリ。
画像


近くの「宝泉院」へ・・・小さいお寺だが額縁庭園で有名。

門前の桜と立ち木
画像

額縁庭園・・・客殿の座敷の柱と柱の空間を額に見立てて
庭園を鑑賞します。お茶を一服戴きながらです。
画像

「五葉の松」樹齢七百年といわれます。
 (写真に触れてください。健康に自信。)
画像


三千院と宝泉院をあとに川の流れに沿ってターミナル方面へ
行きますと眼前が開けます。
大原の里にぴったりの風情です。
菜の花と桜と山の中腹にも桜、そして新緑へ。
画像

風があります。花吹雪が舞いあがっています。
画像


それでは またの機会に。
また、京都で。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック