アクセスカウンタ

2011年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


神戸の庭園にぶらり

2011/09/25 20:54
秋がすぐに、といういいお天気でした。
さぁー今日も特訓という感じで愛用のカメラ片手
にお出かけです。
神戸にはいくつか歴史ある庭園があります。
神戸元町の山側に相楽園、須磨には離宮公園。
久方ぶりの神戸名庭園発見でした。

相楽園・・・三田藩士・小寺泰次郎の邸で
   明治末期に完成。日本の名勝地となる。
   樹齢500年のくすの木があり、池泉回遊式
   の日本庭園とされる。
写真
池を囲み木々が季節を奏でます。あと一歩の紅葉に焦点を合わせました。
画像


須磨離宮公園・・・戦災で焼失するなどの経緯があり、
1967年に神戸市に下賜されたとある。
西洋式庭園と紹介されている。

写真 大噴水がすばらしい。
画像

中ほどに噴水の列です。手前に高いテラスがあり上から撮ってます。
画像

本格的な秋が楽しみです。もみじ道です(まだ緑ですが)。
画像


記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


連休!神戸散歩

2011/09/24 21:48
撮影の特訓、今回は植物を選択、ハーブ園(植物園)へ行く。
新神戸駅の西側からおしゃれなロープウエイで神戸の街並み
や布引の滝を眼下にして到着です。
多彩なハーブ、ラベンダーとかは勿論ですが、レモンやらカレ
ーやらの香りもあって結構楽しめるところ。
マリーゴールドの花が満開でした。私の住む「灘区の花」です。
(参考・・神戸布引ハーブ園・200種を有し日本最大規模の模様)

写真
マリーゴールドの花、オレンジ色に焦点のつもり。
画像


山頂からみた神戸の街並み。上側が海上都市ポートアイランドです。
画像

ハーブ園からの帰路、久方ぶりに異人館のある北野町を
ぶらり、観光化されて昔の街並みはほとんど感じられません。
が、代表的な重要文化財の風見鶏の館を逆光でパチリ。
画像


写真の撮り方はやはり難しいですね。今回も200枚ぐらい撮り
ましたがこの世界もなかなか奧が深い、能トレにも効果がありそ
うです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大型台風! からくの皆さんは大丈夫かな

2011/09/21 21:30
大型台風15号は神戸でも早朝から風雨の轟音が響いていました。
夕刻のニュースからは関東で交通機関が全面ストップ、からくは大丈夫
かとチト心配、まあ大丈夫でしょう。

先般、ミラーレスでAPSCイメージセンサーの画期的な一眼レフを購入し
ました。少ない知識だが、そのシンプルで軽量・コンパクトと一眼レフを
ハイブリッドした新仕様に驚きました。
カメラを趣味にしようかと思ってしまいました。

連休がありました。神戸再発見のような気持ちで、カメラ片手に神戸港
周辺と動物園へぶらり散歩、カメラテストを兼ねてパシャ・パシャ。

上段一枚目は神戸港メリケン波止場にあるオリエンタルホテルと隣接す
る観光客船、ドラの音が素敵ですよ。
二枚目は角度を変えて、左にポートタワー、その後ろがホテルオークラ、
遊覧船、右端がオリエンタルホテルです。難しいね、こういう風景写真は。
三枚目は神戸元町にある中華街(南京町)、ちょうど中秋の節のお祭りが
ありました。

今後も神戸の素晴らしさを写真で紹介しますね。
(写真の腕前もあげますよ)

画像
画像

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サイクリングでぶらりと

2011/09/03 13:24
東京に在住のころ、自転車に乗り始めたのは、メタボ体質の
改善がきっかけ。(糖尿病と検診された)。

好きなお酒も食事も我慢することなくダイエットできた。

自転車をあなどれないということでブランドのあるスペイン製
を購入。次にイタリア製も購入。
これが空を飛ぶように走る。老脚で時速48キロも経験(追い風)

関東平野の荒川・江戸川・利根川を走ること累計一万キロ。

今年の4月25日に約140キロ走ったが、利根川から
の帰路、江戸川上流で、土砂降りの雨・雷・稲光・稲妻の
洗礼を経験。生きた心地がしなかった思い出がある。

写真は、カーボン製のオルベアオニキス(スペイン製)
  転倒してあっけなく壊れてしまった。
  荒川のサイクル道路にてスナップ
画像

  江戸川上流の関宿城にて  
画像

イタリア製のコルナゴ・マスターXライト
  荒川周辺にて
画像

  埼玉上尾周辺のゴルフ場のファィヤーツリーと。
画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おわら風の盆

2011/09/01 20:14
8月28日から民謡越中おわら節の富山の八尾にぶらり。
風の盆と古くから呼ばれる。小説、高橋修の風の盆恋歌で表現される風情が
目前にみえるような気持ちにさせられた。
胡弓で奏でるおわら節と舞いは心に響く。酔芙蓉のいわれも知った。
帰路、富山駅周辺の少し上品なスナックでカラオケ風の盆恋歌も聞いた。
画面背景が八尾ではなく金沢の風情であった。小説の主人公の女性の出生を
表現したのだろう。
初めての風の盆であったが毎年にとの気持ちになる。

写真にある浴衣の袖に歌詞が染められている。
  おわら踊りの 笠きてござれ
  忍ぶ夜道は おわら 月明り
画像

なにかしら奥ゆかしい情を感じる舞いです。
画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2011年9月のブログ記事  >> 

トップへ

KARAKUのぶらり散歩・風景写真 2011年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる